« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019/04/28

190427 優勝! 第62回五大学レガッタ

最終レース、エイトは風の向きが変わる難しいコンディションでしたが優勝。

Image1

新艇フォア・シングルも勝利を勝ち取ってくれました。

 

関西支部からも応援広告で微力ながらも勝利に貢献したと信じております。

5univ_ad_2019r0200dpi

勝利に万歳!

 

 

| | コメント (0)

190421 優勝! 加古川スプリングカップ

関西支部事務局の谷です。

関西でもソメイヨシノがほとんど散り、初夏を感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、4/21(日)に加古川で今シーズン最初で平成最後のレースとなる加古川スプリングカップ(ナックル300m)が開催されました。

今回で第9回の大会となりますが、天気も良く、ほぼ風もない絶好のコンディションの中、蔵前漕艇クラブ関西支部として初めて参加しました。

男女フリーの部に1艇エントリー。

今回、参加することができたメンバーが6月に予定されている全日本マスターズレガッタにエイトで参加するチームのストロークベアとバウペアの4人がたまたま集まりましたので、マスターズレガッタの練習も兼ねてレースに臨みました。普段は離れているため、いっしょに練習ができないので今シーズン、初合わせでしたが、各自、楽しみながら全力を尽くした結果、優勝することができました。


チーム名 蔵前漕艇クラブH7 with T
C吉村(S43)S大越(H7)3谷(H7)2津嘉山(H5)B渡辺(H7) 敬称略


試合結果:
予選:(5組中、5組目)(無風)
1位 蔵前漕艇クラブH7 with T 1分15秒780→準決勝
2位 RC神戸 1分17秒170→準決勝
3位 須磨RC 1分34秒930→敗復
4位 パンツマン 2分・・・→敗復

マスターズレガッタのエイト1000mのスタートと落としと足けりとスパートとをイメージして、スタート5本でフルレンジ ハイピッチレイトになるように7割、5割、7割、10割、10割で合わすことを意識し、スタート5本、ハイピッチ15本の計20本で「大きくいこう」でコンスタントに落とし、200mぐらいで足けり5本、250mぐらいからスパートを入れることをまず、合わすことを重視して漕ぎました。
250mぐらいまでほぼ並んでいましたが、まだ余裕があり、スパートで差して1位でゴール。


準決勝:(3組中、1組目)(微順)
1位 蔵前漕艇クラブH7 with T 1分14秒340→決勝
2位 AIH RC 1分15秒590
3位 漕ぎ屋 1分19秒030
4位 HKM太陽がくれた季節 1分19秒430

予選より1時間10分後のレースなので、なるべく疲労を残さないように、予選レース後、エルゴでレイト16ノーワーク6分漕を4人でリラックスして合わせ、疲労回復を図り、レースに挑む。
レース展開は予選と同じでしたが、コンスタントに予選より余裕をもって漕げ、予選同様、1位争いを最後まで並んでいましたが、ラストスパートで少し出て1秒差で1位ゴールで決勝進出。


決勝:4艇レース(微順)
1位 蔵前漕艇クラブH7 with T 1分12秒890 優勝!
2位 三菱高砂A 1分14秒110
3位 AIH RC 1分14秒650
4位 関西熱化学ボート部 1分15秒160

準決から1時間半後のレース。準決後、疲労回復のため、予選後と同様に4人合わせてエルゴでレイト16で6分漕をリラックスして漕いでから一休みを取り、決勝レースに挑む。
レース展開は、最後のレースなので、コンスタントに落とすことはせず、スタート20本で「大きくいこう」でレイトは落とさず、リラックスするだけで行けるところまでいくことをイメージしてスタート。
スタートからさすがに横をみる余裕がなく、コックスの声に合わすことに集中したが、4艇がほぼ横並びで進み、ラスト50mからスパートでスーと出ることができて、1位でゴール。
3レースとも僅差のレースを勝つことができ、非常に楽しいレースでした。


Img_1354 Img_1358


加古川での大会では入賞でも2位や3位が多く、久々の1位で、加古川界隈に蔵前漕艇クラブの存在を認知してもらえることに貢献でき、充実した大会となりました。

勝因の一つにレース後のエルゴでのノーワークでのクールダウンが疲労回復と4人のリズム合わせの確認ができたことがよかったと思います。

閉会式後、テントで軽く祝勝会をして、盛り上がりました。

優勝カップは来年、返却が必要ですので、是非、2連覇を目指して、令和元年も参加したいと思います。
遠路からの渡辺さん、前日に鶴見川でのPENTAチームでの練習も参加してから、ハードな2日間、ありがとうございます。
また、普段、コックスでも冷静な吉村さんが緊迫したレース展開に興奮して、いつも以上に燃えて、漕手が逆に冷静になれたこともよかったと思います。いつも、お疲れ様です。

マスターズレガッタのエイトでのレースも今回以上にレースを楽しめるようにしたいものです。

関西支部のイベントとして恒例の8月の加古川レガッタでも皆さんでボートを楽しみましょう!

| | コメント (0)

2019/04/14

2019年度蔵前漕艇クラブ 関西支部 活動行事計画

第10回関西支部総会で議題となった本年度の活動行事計画です。


日にち:行事名@場所

2019/4/20(土):第32回関西蔵前講演会@大阪、中央電気倶楽部

2019/4/21(日):第9回KAKOGAWAスプリングカップ@兵庫、加古川市立漕艇センタ

2019/4/28(日):市長杯第71回大阪シティレガッタ オープンレース@大阪、大河(桜宮橋付近)

2019/6/1(土)-2(日):第12回マスターズレガッタ@大阪、高石市浜寺公園ボートコース

2019/6/9(日):兵庫県民大会兼市長杯レガッタ@兵庫、加古川市立漕艇センタ

2019/8/4(日):第26回加古川市民レガッタ@兵庫、加古川市立漕艇センタ (レースは8/3-4の両日開催)

2019/8/6(火):2019年度蔵前工業会兵庫県支部前期見学会@兵庫、佐用郡Spting-8

2019/9/1(日):びわこ市民レガッタ@滋賀、琵琶湖

2019/9/8(日):加古川会長杯@兵庫、加古川市立漕艇センタ

2019/9/28(土)-29(日):全国市町村交流レガッタ@大分、日田市

2019/10/5(土):第18回琵琶湖かいつぶりレガッタ@滋賀、琵琶湖

2019/11頃:2019年度蔵前工業会兵庫県支部後期見学会@未定

2019/11頃:琵琶湖でエイトを漕ごう会@滋賀、琵琶湖

2019/11/17(土):2019年度蔵前工業会兵庫県支部アフタヌーンセミナ@兵庫、神戸市元町

2019/12-2020/1:忘年会or新年会@未定

2020/1/19(日):近畿マシンローイング大会@滋賀、滋賀県立体育館


以上

 

| | コメント (0)

190413 第10回関西支部総会 議事録

蔵前漕艇クラブ関西支部関係者の皆様 事務局の谷です。

大阪はまだ桜も散り始めたばかりで、春たけなわの時期となりましたが、10年目となる関西支部総会を、例年通り開催しました。


  • 日時:平成30年4月13日(土)16:30〜21:00
  • 場所:アーバンネックス備後町(大阪市中央区)
  • 出席者(敬称略): S42吉村 S50豊嶋 S52堀 H4村松 H5津嘉山淳 H7谷 H8高田 H16福島 H21中塚
  • 来賓者:S50平尾理事(東京:現監督) 

 Img_0587-1 Img_0588-1


議事録:

司会(谷)よりあいさつ

  • 前回の総会より1年、また皆様、元気な姿で出席頂き、総会が開催されることが何よりです。
  • 新体制となり、今後ともよろしくお願いします。
  • 平尾監督も初回から皆のご出席、あたらめて感謝。

豊嶋支部長より乾杯音頭

  • 平成から令和に元号が変わるときにちょうど10回目とあり、節目の回数を迎えられ、今後もよろしくお願いする。

〜歓談〜

  • 各氏ご近況等、ブラジル長期出張より帰任、ブラジルの実情ほか
  • 高校の部活動と教育の弊害
  • 海外ボート選手と日本選手の境遇の違い
  • 東京2020のボート競技の種目変更(軽量級減)と日本の参加種目の可能性
  • 五大学レガッタのOBエイトの参加状況と出漕費
  • 海の森ボートコースのプレ大会と関係チームの当選状況

配布資料の説明(谷)(添付資料参照)

  • 活動報告、予定、行事日程、各種話題ほか
  • 関西支部行事のみならず、蔵前工業会、各種交流会、地域ボランティア活動ほか
  • 新規行事として近畿マシンローイング大会参加の検討(高田)

本部報告(平尾監督)

  • 現役新勧パンフレット参加者配布
  • 現役状況、OB・クラブ状況報告
  • ボート部への寄付状況とサポーターズ制度について(備考欄にために「ボート部のために」の記載必要)
  • シェルフォア(4+)の購入状況
  • クラブ部報の配布住所間違いによる郵送不可の返信状況

墨堤の雄:フルバージョンで唱歌

Image002


盛会のまま、二次会に移動

Img_0594
昨年と同じ本町駅前の大阪らしい居酒屋で実施。すでに酔いがかなり進んでいる方もいましたが、話題も相当の多岐にわたり、これもまた楽しい歓談のひとときでした。

なかなか繰り合わせがつかず多数の賛同を得る場がございませんが、毎年、関西支部としては議論つくせる唯一の場として、活発かつ大変有意義な行事となっています。

久々に参加頂く方も含め、ご参加いただきました皆様どうもありがとうございました。

平尾監督、本年も遠方からありがとうございました。

関西支部を皆さま、またよろしくお願いします。

またボートを漕ぎましょう!

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »