« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »

2017年6月11日 - 2017年6月17日

2017/06/17

170603-04【漕艇手記】第10回全日本マスターズレガッタ@戸田オリンピックボートコースに蔵前関西、蔵前H7、ペンタ合同が参戦

関西支部メンバも参加しました全日本マスターズレガッタの漕艇手記を蔵前漕艇クラブ渡辺理事(H7)に寄稿頂きました。
渡辺さん、お忙しいところ、ありがとうございます。

(2017/6/18 管理人追記)別SNSコメントにて,無断借用写真がある旨の指摘があり,全写真について借用承諾・出典確認出来ていないため削除しました。


今回で記念すべき10回目を迎える全日本マスターズレガッタが5年ぶりに戸田のボートコースで行われ、蔵前関西チーム・蔵前H7チーム・ペンタ(5大学)合同チームとして各クラス・種目に分かれて参戦し、各クルー金メダルを目指して6/3(土)と6/4(日)の2日間に渡って力漕をしました。

今回、蔵前の関係者だけでも総勢約20名の方が参加をされ、5大学のペンタの関係者も含めると50名を超える規模となり、それぞれのクルーの出漕の際には熱い声援や応援も繰り広げられる非常に熱のこもった大会となりました。
http://www.jara.or.jp/race/current/2017masters.html
また、両日ともに天候にもめぐまれながらも真夏のような暑さまではいかず、ボートを漕ぐ各位にとっては非常に良いコンディションの中、悲喜こもごものレースが展開されました。

以下、競技の結果です。


レースNo.9 男子シングルスカル クラスC(43-49歳)
1位 : RC長崎 渡辺, 3'54"80
2位 : パルテ会 高木, 4'05"28
3位 : 魚崎RC 多田, 4'13"06
4位 : 蔵前漕艇クラブ 谷, 4'16"02
5位 : 蔵前漕艇クラブ 大越, 4’16"26
 シングルのレースのレベルはもともと高いのでしょうが、現役時代にはスカル系ではほぼ漕いだことのない2人が白熱した3位争いを展開してくれました。


レースNo.28 男子エイト クラスC(43-49歳)
1位 : でん助RKB, 3'20"55
2位 : パルテC, 3'23"19
3位 : キラーホエール, 3'25"71
4位 : 九州ローイングマスターズ倶楽部, 3'30"26
5位 : 蔵前漕艇クラブH7, 3'38"25
 往年の国立大学トップの時代だった平成7年の当時のユニホームをまといながら、ほぼ20年ぶりとなるレースでしたが大惨敗を喫し、残念ながら最下位に沈みました。逆によく1000mを無事に漕ぎきったとも言えるところですが、ボートは改めて陸トレだけは速くはならないということを切実に感じたレース展開でした。
関西組は6名、関東組が3名なので、今後練習をどうしていくかが課題といえそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=MGVMC0D_TxQ&list=PLMa1zrYDzCZr0iZUqFOVCJiGOBUl6JsXy&index=28


レースNo.42 男子エイト クラスE(55-59歳)
1位 : ペンタエイトB, 3'35"72
2位 : 金沢医王会E, 3'44"44
3位 : 浜寺マスターズ, 3'45"30
4位 : 稲門ミドルB, 3'45"72
5位 : 早大理工碧水会E, 3'49"58
6位 : 木月艇友会バーミリオン, 3'52"52
 S63宮本さん・S60川本さんが漕がれたペンタBがついに日漕の金メダルを受賞しました。筑波のCox廣江さんが絶妙な駆け引きを展開して、序盤にリードをしてから、そのまま突っ走る非常に爽快なレース展開となりました。五大学や理工戦では非常に悔しい思いをされていた方も多かったようですので、皆さんの喜びもひとしおでした。クルー8人のうち5人もイエルゴ(“家”=自宅エルゴ)を所有している点も秘訣のようです。
https://www.youtube.com/watch?v=mAOtOdhLg98&index=42&list=PLMa1zrYDzCZr0iZUqFOVCJiGOBUl6JsXy


レースNo.44 男子エイト クラスF(60-64歳)
1位 : 陵水艇友会, 3'43"26
2位 : 団塊号 玄武E, 3'43"89
3位 : WKマスターズF, 3'51"38
4位 : RC神戸 花火, 4'13"23
5位 : ペンタエイトA, 4'15"25
 S56出井さん・S58大竹さんが漕がれたペンタAですが、苦しいレース展開となり、隣のRC神戸にもう少しで届くかというところで最後は逃げ切られてしまいました。それにしても、1位2位のエイトはほとんど差がなく、しかも相当早いタイムに驚くばかりです。


レースNo.47 男子付きフォア クラスB(36-42歳)
1位 : 浜松BC佐鳴会, 4'00"49
2位 : 蔵前フォア, 4'08"68
3位 : 會津磴漕会, 4'12"57
4位 : 九州ローイングマスターズ, 4'14"33
5位 : 陵水艇友会, 4'14"64
 H8の水田さん・高田さん・那須さんのいつものメンバーを中心に、助っ人の大阪市立大の刀根さん・谷さん(津嘉山さんの代漕)がガチで勝ちに行った試合でしたが、5大学のOB戦同様、またも浜松の佐鳴会に行く手を阻まれる結果となりました。このクラスのクルーはどこもレベルが高いので、今後クラスがあがっていっても厳しい試合になりそうです。


レースNo.49 女子シングルスカル クラスD(50-54歳)
1位 : キラーホエール 住谷, 5'01"66
2位 : ペンタRC 藤田, 5'25"76
3位 : 小野湖BC 川野, 6'24"57
4位 : パルテ会 大口, 6'45"19
 エルゴに絶対の自信をもっている海洋大(旧商船)の藤田さんが堂々の2位でフィニッシュ。「エルゴなら負けないんだけど」とは翌日のペンタの打ち上げで語られていました。


レースNo.62 男子付きフォア クラスE(55-59歳)
1位 : 四神会E4+, 3'59"78
2位 : 浜寺マスターズクラブ, 4'00"43
3位 : 淡青会, 4'03"73
4位 : ペンタフォア, 4'17"98
海洋の佐藤さんがCoxで率いるフォアに川本さんを始め、エイトのメンバがダブルエントリーで漕ぐも、さすがに2漕目であることやフォアのバランスの難しさから、離されてしまった試合展開でした。


レースNo.63 男子エイト クラスI(75-79歳)
1位 : 四神会I8+, 4'02"27
2位 : WKマスターズI, 4'03"21
3位 : ペンタRC Senior, 4'17"07
4位 : 淡青会マスターズI, 4'17"46
5位 : MBC I-8, 4'17"91
6位 : 濃青会 金閣, 4'22"07
 S39の杉本さんが、昼の”多摩川でボートを楽しむ会”で付きフォアを漕がれてからのダブルエントリーで、シニアエイトに出漕。熾烈な3位争いを見事制した姿は、シニアクラスとは思えないほど、圧巻な光景でした。


レースNo.75 混成エイト クラスE(55-59歳)
1位 : パルテE, 3'57"45
2位 : ペンタミックス, 4'05"79
3位 : 多摩川クラブ, 4'38"92
4位 : RC神戸 夏風, 4'22"15
 ここから6/4の日曜日に2日目としてレースが展開されました。土曜と同様、天候もよく、順のコンディションです。
 朝一の混成エイトはH8の水田さんが、男子4名・女子4名の難しいクルーを冷静にまとめて見事に2位でフィニッシュしてくれました。


レースNo.83 男子ナックルフォア クラスC(43-49歳)
1位 : 瀬田漕艇クラブ, 1'58"56
2位 : 東レ艇友会, 2'03"92
3位 : 蔵前関西ナックル, 2'05"63
4位 : 陵水艇友会C, 2'09"99
5位 : 潮来市議会 あやめ, 2'44'27
 ナックルといえども対戦クルーのメンバーがそうそうたる感じでしたが、H8の水田/高田/那須3名のリズムの良い力漕に、後ろのH8渡辺とH7の渡辺がなんとかついていって東レと並べられたのは、なんともうれしい結果でした。


レースNo.89 女子ナックルフォア クラスC(43-49歳)
1位 : パルテC, 2'14"72
2位 : 戸田レインボウS, 2'18"69
3位 : ペンタ女子, 2'24"71
 スカルの海洋藤田さんが整調、Coxが廣江さんで気合十分でしたが、なかなかオールがそろわず改めてボートの難しさを感じます。


レースNo.90 男子ナックルフォア クラスD(50-54歳)
1位 : 九州ローイングマスターズクラブ, 1'59"55
2位 : 雄図会, 2'01"51
3位 : ペンタ郎C, 2'05"02
4位 : BLUE*PEASE, 2'01"51
5位 : 斐伊川さくらボート協会, 2'25'79
 整調の筑波の西山さんと3番の川本さんにH7の横山さん・伊藤さんが本気で漕いでメダルを取りに行きましたが、ライバルも強いのか漕いでも差が詰まらず、3位でのフィニッシュとなりました。夜の反省会でのビデオではメンバーが重すぎて、相当艇が沈んでいたので遅くなってしまったことは、おそらく漕いでいるメンバーは気づかなかったことでしょう。


レースNo.94 男子ナックルフォア クラスE(55-59歳)
1位 : Elite号, 1'56"19
2位 : 陵水艇友会E, 2'05"53
3位 : 名島会1981, 2'06"25
4位 : 同志社艇友会B, 2'06"85
5位 : ペンタ郎B, 2'07'30
 エイトでは1位となったS63の宮本さんが乗るも、ナックルでは接戦ながらも最下位に沈んでしまいました。ナックルレースもバランスが良い分だけ水中での違いがタイムに効いているようで、「ナックルの練習も必要だな」とは宮本さんの弁です。


レースNo.97 男子ナックルフォア クラスF(60-64歳)
1位 : 陵水艇友会F, 2'02"81
2位 : 愛知東郷ボートクラブ, 2'04"81
3位 : 名古屋大艇友会関西, 2'05"81
4位 : 鶴見川マスターズRC, 2'17"09
5位 : ペンタ郎A, 2'20'34
 S56出井さんと同期の外語大関野さんが前日に引き続きペアとなって引っ張りますが、なかなか前に進まない苦しい展開でした。やはりダブルエントリーで出場する難しさや、5大学間でも漕ぎ方がいろいろ違うということで、研究のしがいがありそうです。


レースNo.107 混成ナックルフォア クラスD(50-54歳)
1位 : 戸田レインボウ, 1'54"48
2位 : 神通Rowing, 1'56"51
3位 : With You Rowing Team 1, 1'58"78
4位 : With You Rowing Team 1, 2'05"03
 最後は、戸田でボートを漕ぐのを夢見ていた大阪・With Youの皆様をペンタ・蔵前関係者が盛大に応援しました。前のクルーが見えていただけに悔しい展開でしたが、また次回に向けて練習したいということで、これからもっと盛り上がりそうです。


 蔵前の関係者では宮本さん・川本さん、また急なお仕事ということで参加ができなくなった津嘉山さんには、事前の準備では大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 また、次回に向けて、練習していきましょう!
蔵前漕艇クラブ H7 理事 渡辺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »