« 参加者募集:170416 大阪シティレガッタ@桜ノ宮 | トップページ | 170429 現役結果 五大学レガッタ »

2017/04/21

170415 第8回関西支部総会 開催議事録

2017年4月15日に第8回目の関西支部総会が開催されました。

津嘉山さんより発信ありました,議事録を掲載いたします。

Dscf2336


蔵前漕艇クラブ関西支部関係者の皆様 事務局の津嘉山です。
就職や入学でフレッシュな4月となりましたが、大阪市内にて8年目となる関西支部の総会を開催しました。
日時:平成29年4月15日(土)18:00~21:30
場所:大阪産業創造館(大阪市中央区)
出席者(敬称略):
S42吉村 S50豊嶋 H4中嶋 H5津嘉山
H7谷 H7大越 H8高田 H8水田
来賓者:
S50平尾 理事(東京:現監督)


議事録:

<関西蔵前講演会>
※13:00~17:00 関西蔵前講演会(中央電気倶楽部:大阪市北区)
 豊嶋さん、中嶋さん、谷さん、津嘉山で拝聴

岡田 清 東工大副学長「日本の東工大から世界のTokyo Techへ」
留学生受入れやダイバーシティなど、世界の大学目指す東工大の教育改革をご紹介。
学生目線で、学部と院のシームレス、初年次教育の充実、各研究機構の創設などで、世界に通ずる競争力向上を目指すとのこと。

波多野 睦子 東工大工学院教授「ダイヤモンドの魅力:高機能センサーと先進パワーディスクへの応用の可能性」
エレクトロニクス関係でダイヤモンド含めた化学元素の研究功績や、環境エネルギー分野へのリノベーション、国家戦略の立案に携わり世界に通用する教育改革のご紹介など、キャリア豊富なアップテンポなご講演で興味を引き付ける話題であった。

上田 紀行 東工大教授 リベラルアーツ研究教育院長「自ら輝き、世界を輝かす」
文化人類学、仏教がご専門で東工大の改革を文科系のリベラルアーツ研究教育院で進められ、現代社会問題に取り組まれる中、学生に志を育む教育を進めるなど、日本社会の問題的を収集しながら、あるべき姿の論点など、多彩でユーモアも多く、教育の核心を考える深いお話であった。

前座の講演会を入れて、総会を迎えるなか、クラブの活動を通じて、社会に変化をもたせるきっかけはつくれないかとも、ちょっと思案。






<関西支部総会> 

大阪産業会館に豊嶋さんらと移動、17:30ごろ着き、受付。
初めて利用するが、大阪市内でありながら格安で、会議室もきれいであり、結果的にとても正解でした。
定刻までには平尾監督もお越しで、全員集合、会場作りを手分けして開始。

〇司会、津嘉山事務局
資料等配布し参加者の紹介、支部8年間の総会で開始宣言、
熊本地震から一年ですね、楽しみだったマスターズは中止でしたね、など。

〇乾杯の音頭を豊嶋支部長
例年の盛会に感謝、東工大の講演会を聞き改革が進んでいることもあり、学生の気質もかかわり、コミュニケーションの重要さを痛感する面もあるなど、多方面の話題に議論が深まることを期待し、乾杯。

つめたいビールをまずは飲みながら議事進行開始。

〇活動報告と今年度計画を谷事務局
例年どおり、昨年度の活動報告と今年度計画を谷さんが紹介。
講演会や見学会も織り交ぜながらできたことや、加古川レガッタでの3度目の優勝、ペンタのお誘いもあって、琵琶湖レガッタへの初参加、エイトを漕ごうや懇親会などもあり、楽しい一年であったこと説明。
今年度もいろんな行事に積極的に参加しながら、マスターズは戸田となり、200クルーの大盛況になる見込み、や加古川レガッタもまた優勝めざし、琵琶湖レガッタも好評なため今年もまた参加しようと、意見交換。
谷さんの趣味とするマラソンの予定や、大イベントとなる「ワールドマスターズ2021」にどう挑むか、 など参加者で意見交換。
あと、関西方面へ学生が就職する情報が5月ぐらいは判り、その際には是非コンタクトをとれたら、
という話などもあった。

今年も参加できる行事をなるべくつくっていきたい、シティーレガッタや加古川ボート大会、講演会やセミナーなどの文化行事をもりこみ、関西の独自力を生かして今年も行動といきましょう!

〇津嘉山より関西支部の方針説明
考えた方針は大きな変わりはないが、「老若男女幅広く・・・」をとにかく追記。
いろんな接点から交流の場が増える種まきができれば幸い、と考える。

〇議事・連絡事項
引き続きOB会費の協力依頼(学校が法人化し艇の購入、メンテをクラブが負担していくことが今後も課題)、
五大学広告へのカンパ、関西支部広報関係(ブログあり)、
最新の時事資料の説明(戦績データ、漕艇レース各種日程、全日本レースの歴代記録、東京五輪動向、重大ニュース、等。

関西近郊にはいろんな漕艇場があり、東工大が福山に遠征したこともある(大越さん談)など。
エイトを漕ごう会、京大さんや大阪ガスさんにいつもお世話になり感謝、吉村さん、堀さん、ほか村松さん初参加で楽しんだ。
昨年のマスターズ熊本の菊池市の中止残念、あれから国体等行っている模様。いずれマスターズも開催あり?
今度のエイトはイタリア・フィリッピ製を選択、先日現役からの写真報告あり。

〇平尾監督から講和
エイトの購入へのご支援に感謝、今後もエイトはクラブ負担となり、多額の基金が必要と認識だが、エイト基金は目標以上に集まり功績あった。
理事会でも議論があるが、今後も「150万」はサポーターズを通じて支援の維持が必要。
艇庫の土地ももともと野沢さんの支援であるが、92歳でお元気である。
石田理事長はベンチャー企業とも接点があり、支援方法でいろんな意見交換をしている。
現役は頑張って鍛錬しているが、五大学ではセコも出せながら他大学がエイトが出せない状況にある。
OBのほうはペンタが活動継続しており、相互交流は続いている。
いろんな情勢を見ながら積極的なクラブ活動を模索、新勧も重要性は相変わらずで部員の確保は課題である、など。
今年度パンフレットの配布も参加者にあり。父兄が見る事を意識して現役部員の出身高校も紹介するなど充実した誌面、
隅田川ボート記念碑に寄附金がとてもよく集まっている、艇の購入などOB会費の使いみちもよくなってきている、進水式で部員のモチベーション向上、など明るい話題もありの現況報告をいただいた。

〇水田さん 関東からはるばる参加。
同期の高田さんが呼びかけ、琵琶湖レガッタでコックスで貢献、マスターズにもたびたび合流してきており、 総会初だがいろいろこれまでご参加あり。
支部との接点なく今後の参加につなげたい、総会に初めてご参加しいろいろご感想を述べられた。

PC、プロジェクターを用意したので、時折検索かけたり、画面での紹介もあり。

多数のご歓談をしながら時間となり、最後は「墨堤の雄」をフル唱歌。


中嶋さんが朝早いせいもあり、お別れし、残り全員で昨年も行った、大阪本町駅近くの居酒屋に流れ二次会、
談義は、例年同様とても多岐に渡り(昔話、仕事や家庭事情、子育て、スポーツなど)談義に花を咲かせる。

だいぶ、ほろ酔い気分で梅田方面に地下鉄のり、JRや阪急方面に分散し終了。
今回の総会も昨年に続いて大阪市内で開催しましたが、平尾監督のご参加をいただいて、大阪っぽい趣向を醸し出せた気はします。
水田さんも遠路はるばるのご参加、感謝申し上げます。

関西支部として議論つくせる唯一の場がこの総会ですが、参加者からも都度、活発なご意見が飛び交い、講演会含めると長い行事でしたが、大変有意義な一日でした。

ご参加いただきました皆様どうもありがとうございました。
平尾監督、例年の総会へのご参加で、遠方からのお越しありがとうございました。

また今年も関西支部、引き続き頑張ってまいりますので皆さまよろしくお願いします。
またボートを漕ぎましょう!


Dscf2325

Dscf2343

|

« 参加者募集:170416 大阪シティレガッタ@桜ノ宮 | トップページ | 170429 現役結果 五大学レガッタ »

事務局」カテゴリの記事

総会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551330/65177246

この記事へのトラックバック一覧です: 170415 第8回関西支部総会 開催議事録:

« 参加者募集:170416 大阪シティレガッタ@桜ノ宮 | トップページ | 170429 現役結果 五大学レガッタ »