« 130803予告 第20回加古川レガッタ出場 | トップページ | 130803再予告 第20回加古川レガッタ出場 »

2013/05/20

130518 全日本マスターズレガッタ

蔵前漕艇クラブ関西支部関係者の皆様

事務局の津嘉山です。
過ごしやすい季節を迎えていますがいかがでしょうか。
東京では現役が軽量級に挑んでますね。
さて、17日(土)~18日(日)全日本マスターズレガッタに参加してきました。
今年の会場は名古屋中心から電車で約30分の愛知池で開催。
H8卒高田さんと初日シェルフォア1000m、2日目ナックルフォア500mのレースに参加しました。

蔵前漕艇クラブとしては、今回2艇参加で、東京の弾塚さんがまた取り纏めくださり現地にはご欠席でしたが、

カテゴリD(50~54歳)M4+ 5大学ミドル混成チーム
カテゴリB(39~42歳)M4+ 私ほかH8高田さん同期によるアラフォー蔵前チーム
に分かれて参戦しました。
海洋大OBの藤野さんから「FUGRO」ネームのオレンジポロシャツをご提供いただいたとのこと、クルーユニフォーム感もバッチリでした。

5月17日(土)
早朝から新幹線で名古屋へ、会場で皆さんと合流。
午前中のレースが配艇で午後のレースになることが判明、2クルーとも時間調整して初日の付フォアに挑みました。
UPのときにフォアの繊細な感覚を確認しながらなるべくリラックスを心がけ、スタートは他のRCに先に出られ4位でしたが1000mで4分14秒でH8皆さんの感想にもあったように借艇の不具体が途中で発生しながらも結構楽しんで漕げたと思います。
夕方はDENSO施設で恒例のパーティー、知らないクラブの方々とも次々懇話が繰り出され、旧交ある方との再開。
ビールを酌み交わし熱気あふれるまま「琵琶湖就航の歌」で締めくくり、宿舎近くの名古屋市内に2クルーでまとまって戻って居酒屋で二次会、名古屋名物の手羽や味噌カツなど味わいながら今回いろいろ混成となった皆さんで自己紹介がてら、名古屋の夜の懇親を深めました。

5月18日(日)
5時50分という早い時間のホテル出発、ちょっと肌寒い中会場に入りこの日はナックルレース。
クルーみんなで艇を出しUP、安定はいいのであとは500m昨日同様リラックス心がけ出漕。
隣レーンがコース進入しオール接触で相手失格処分再スタートなどハプニングもありましたが、水中は思いっきりパドルとフォワードリラックスを心がけ、2位に3艇がならぶ展開、残り100mは本当にオールアウト覚悟でやりきり何とか挿し3位で、500m、2分9秒。
ミドルクルーのほうは、400m付近からコンスタントを生かして1位でゴール、金メダルの大殊勲で
表彰式は皆でご健闘をたたえました。

エージシュートではないですが、若手の段階ではハイレベルで難しいなか、参加続けているうちに熟練度がまして、いつかはメダルに手が届くようにとみんなで誓って、ミドルの先輩方や初参加してくれたH8の皆さんとともに貴重な参加をまたもらいました。
弾塚さん、お会いできませんでしたが、いろいろご手配いただきありがとうございました。
お会いできた皆さんに感謝申し上げます。
以上ご報告でした。

|

« 130803予告 第20回加古川レガッタ出場 | トップページ | 130803再予告 第20回加古川レガッタ出場 »

事務局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551330/57426314

この記事へのトラックバック一覧です: 130518 全日本マスターズレガッタ:

« 130803予告 第20回加古川レガッタ出場 | トップページ | 130803再予告 第20回加古川レガッタ出場 »