« 120804 【予告】加古川レガッタ | トップページ | 120624 漕艇手記 浜寺レガッタ »

2012/06/04

120602 漕艇手記 全日本マスターズレガッタ

蔵前漕艇クラブ関西支部 関係者の皆様
事務局の津嘉山です。

6月に入り梅雨もそろそろでしょうか?
さて、昨日2日に戸田漕艇場で全日本マスターズレガッタが開催されました。
昨年は福島開催が中止となっておりましたが、夕方の懇親会は競艇場のイベントホールを大会で貸切り1000人規模の大宴会でした。
昨年同様、参加者は私と平成8年高田君。
世話役の弾塚さんをはじめ関東の皆さんと今年も楽しく交流できました。

♪♪♪
6月2日(土)
朝5時半に自宅近くを軽くジョギングしてから大阪空港へ。
9時過ぎに羽田空港について戸田公園まで直行し10時半着。
高田君は出張先から新幹線で上京するとのこと。

♪♪♪
大会本部に歩く途中に東工大の艇庫にちょっと寄ってみた。
まだ工事は始まってなかったが、現役部員は中で忙しく棚卸しや荷造りをしていた。
ヘッドコーチの大橋さんにばったりお会いし、
「ご無沙汰してます!」と申し上げたら、
「津嘉山ちょうどよかったマネ部屋の片付け手伝ってくれよ」とのこと、
「今日はマスターズ漕ぎに着たので・・・」と失敬しようとしたら、
「じゃあこれでももって帰ってくれよ」とたまたま渡されたのが、
昔使っていた会計簿ファイル、懐かしくなりました。

♪♪♪
本部前で弾塚さんと待ち合わせ。
段取りが相変わらずすばらしく、
いろんな手続きをスムーズにしていただいて着替えて準備OK。
今年のクルー編成は弾塚さんのご案内によれば、
(敬称略)
男子1X:カテゴリG クルー名:蔵前漕艇クラブ・佐藤
佐藤(東工S43卒)
男子4+:カテゴリD クルー名:蔵前漕艇クラブ
C関根(東工H1)、S宮本(東工S63)、3出井(東工S56)、2茂木(海洋S60)、B弾塚(東工S58)
男子8+:カテゴリD クルー名:五大学ミドル
C奥富(東工S44)、S関野(外語S57)、7鈴木(東工S56),6山口(静岡S59)、5宮本(早大S59)、4高田(東工H8)、3杉本(東工S39)、2津嘉山(東工H5),B伊藤(東北S37)
とのこと。

フォアで出場予定の方は先着しており、
出井さんや、宮本さんにもお会いし、5大学の海洋大OB茂木さんをご紹介いただく。
11時ごろ、ちょうど、スカルの島田さんのレースが始まり応援。力強い漕ぎを拝見し2着の模様。
ちょっとして国立艇庫へ、エルゴのトレーニング室がある。
フォアの皆さんはこれでUPを開始。この部屋はいつもあるのかな?
高田君も現地着。

♪♪♪
12時前、明治大学前で、フォアの配艇、なんだか知らないがデルタのしばらく使ってない艇で、
ネジやリギングも緩んでたりで、明治の関係者がすまなそうに艇整備で工具も持ち出していろいろ修正。
これで大丈夫なのだろうかと正直皆さん思ったはず・・・・。のちケロー。
12時20分フォア発艇、1000m先から出発が見えて観客席前で応援、蔵前2レーンで何となく4レーンが出ていそうだが、
近づいてきたら、先頭を走っていてそのままゴール、なんと優勝です!
かなり逆風でしたが、しっかり水中が合っていたようにお見受けしました。おめでとうございます。
弾塚さん、かなりお喜びで東大にメダルを見せびらかしにいこうかな、とのお喜びの弁。
全日本の金メダルで値打ちがちがうなあとつくづく思いました。
COXの関根さんも現役のとき以来メダルが増えたとお喜びでした。

♪♪♪
昼は高田君とパーラーで適当にすまし、15時集合までの間、のんびり過ごす。
マスターズは年配のかたも多く、生涯スポーツとなるなら値打ちがあるなあと感じたところです。

♪♪♪
エイトのメンバー集合、一年ぶりお会いする東北の伊藤さん、静大の山口さんのほか、
今年は、杉本和義さん、鈴木邦弘さん、外語の関野さん、早稲田の宮本さんとクルー結成。
たくましい大先輩がたと一緒に漕ぐからには若手のパワーで力を出さねばとココロで勇んでおりました。
勝ちにいくため奥富さんがCOX、とはご本人から後にお聞きしました。
国立艇庫前でエンパッハのエイトを配艇、整備は大丈夫そうでした。
15時過ぎケローし競艇場前までUP、結構スタレンは合うようになってきた。
しかし結構逆風が吹いているようで波しぶきが時折オールにかかる。
しばらくしたら対戦相手の瀬田RCや矢切も集結、ユニフォームそろっている瀬田は見かけもちょっと強そうではありました。
スタートにつけるも風が強く、2番(私)チャブり続けて方向修正続ける(結構つかれました)。

♪♪♪
スタート5本、まずまずで他の2艇と肩を並べて250mまで力漕、結構水中が重たいが遜色はないと感じる。
瀬田は頭ひとつ既に出ていたが、他はこのまま行けばいつかはさせるかもと思いながら必死に漕ぐ。
500mを過ぎたところでCOXから足けりの指示、が、風を斜めにうけているせいか何となくバランスが傾いていて、
Bサイドは抜けづらそう、これで艇速がちょっとロスした模様で差せずにゴール。
無酸素運動ぎみでしたが、1000m終了。
早稲田に艇を還しにいったころは、手の握力もだいぶなくなってしまいましたが、お疲れ様でした。
結果は残りませんでしたが、これだけ年齢層が幅広く50〜54才カテゴリで参加できたのは有意義でした。

♪♪♪
着替えて懇親会実施する競艇場へ徒歩で皆さんと移動、現役以来このあたりの風景も荒川の土手など懐かしいところでした。
ホールの中に入ったら酒・ビールの準備万端。来賓も7時にしか来ず、会食もまだ用意できてないが、
6時なのではじめちゃいましょう、と司会者の女性。
「ウォー」の掛け声で一斉にビールを飲み乾す。やはり最高。
蔵前のテーブルでしばらく飲み交わし、フォアの祝勝も含めて盛り上がる。
茂木さん、今回初対面でしたが、旧水産大OBで、船乗りになる人が多くOBの結束が難しいなど、気さくなお話ぶりでした。
大会の来賓の人が時折テーブルを周り談笑、オアズマンシップを感じる。
九州から来られた蔵前OBの村上さんがテーブルに訪れ談笑、
城之崎温泉でのマスターズのとき同期の堀さんとお会いして以来のこと、
例年こうやって九州からマスターズを観にこられているそうです。
いずれは西日本で蔵前もOBがまとまればいいですね、など、村上さんも当時の主務のお立場で前川さんと同期で居られて、
お話いろいろ頂戴しました。
琵琶湖就航の歌や東大応援歌を全体で円陣組んで唱和。中締め。
ほろよく散会し、協会が段取りしている無料ピストンバスで戸田公園駅まで移動。

♪♪♪
駅に着いて、せっかく関西から遠征してきたのだからとのご厚意で、奥富さんの掛け声のもと居酒屋で数名で二次会。
出井さん、関野さん、鈴木さんと歓談。
出井さん、かつて京都でお仕事赴任あり、関西支部行事に大変乗り気ご興味を持たれていつかご招待できたらと思います。
鈴木さんは工学博士であり、学者のご教示でした。
関野さんは出井さん、鈴木さんと同期なのでしょうか、今日の整調ペアの漕ぎについていろいろお話されてました。
奥富さんの、マネジメントのお話は含蓄があり、例えば小職はゼネコンで現場所長程度の仕事をしてますが、
うちの学校(東工大)を出て会社のためを考えるなら現場主義を見直し経営の立場での本質的な仕事をせよ、と檄をとばされ
今後の会社人生のありかたを見つめる機会を頂いたと思ってます。

♪♪♪
12時に近づきそろそろ終電になり散会、お愛想もご面倒いただきご馳走さまでした。
そういえば弾塚さんからのお話によると、遠方から来た私と高田君のために、参加したOBで費用の援助をいただきました。
皆さんのお心遣いこの場をお借りしてお礼申し上げます。
皆さんと別れ、蒲田のホテルで一泊し本日午前中に帰阪しました。
オアズマンの栄光と生涯スポーツの片鱗を感じさせるマスターズレガッタに、
毎年参加できれる機会を関西支部として何らかの形で継続できれば、思っております。

|

« 120804 【予告】加古川レガッタ | トップページ | 120624 漕艇手記 浜寺レガッタ »

事務局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551330/55407374

この記事へのトラックバック一覧です: 120602 漕艇手記 全日本マスターズレガッタ:

« 120804 【予告】加古川レガッタ | トップページ | 120624 漕艇手記 浜寺レガッタ »