« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011/08/13

110806 加古川市民レガッタの写真です

遅れましたが加古川市民レガッタの写真を掲載します.


シニア予選

P8060009_2


P8060010


オープン P8060017


P8060019


お昼休みのBBQ Rimg0027


Rimg0029


Rimg0030


Rimg0033


シニア決勝

P8060031


P8060032_2


オープン決勝

P8060037


集合写真 Rimg0059_2


Rimg0061


Rimg0062


表彰状

Scan0071


Scan0072


H16福島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/12

110806 加古川レガッタ

関西支部の漕艇行事としまして、8月6日に開催されました加古川レガッタに出場しました。
津嘉山さんの手記を転記致します。

========
事務局の津嘉山です。
本日関西支部漕艇行事である加古川レガッタに参加しました。
結果から申しますと、
昨年度はシニアで準優勝、オープン(日漕経験者)で敗復止まりでしたが、
「シニア、オープンともアベック準優勝」
を果たしました。
決勝は各クラス共レベルが高く簡単には入賞はできないと思いましたが、
各クルーとも
「勝てそう」
なイメージを持って会心の漕ぎが出来た模様です。

8月6日(土)加古川レガッタ
昨日夕立降ったので、水のながれが心配でしたが、加古川はOK、ちょっと横風が強め。
テントを陣取りちょっとしたミーティング、自己紹介、昨年以上の成績目標で頑張りましょう。

クルー編成を相談、以下のように決定。
シニア:C吉村(S43) S佐々木(大阪ガス)3村松(H4) 2津嘉山(H5)B堀(S52) 年齢合計190歳>180際、OK
オープン:C堀江(H12)S谷村(H15)3宮坂(H14)2高田(H8)B谷(H7) →対抗
応援(子守):福島(H16)

それぞれ初艇30分前に乗船してUPしてスタート位置につける。
私はシニアで参戦、ちょっと風は逆で重たいかなあ。
スタ練は3/5/7/10/10で調整。慌てなければ大丈夫か。
シニア予選、発艇、レディー、ゴーが聞こえずちょっと遅れる、コンスタントに落としてあとから、
隣のクルーが落ちていき、先に出られた差を詰められないが、パドルで目一杯合わせて、
ほぼ精一杯漕ぎきって2位に滑り込み。
記録を忘れてしまいましたが、結果は以下のとおり、
シニア予選(全14クルー)300m KF+4
2組
1位:IHI 1'18"
2位:蔵前B 1'21"-> 決勝進出
3位以下
神戸RAC、上荘SC、神鋼EN
ということで無事決勝進出、よかったあ。
陸にあがって間もなく、オープンの方発艇、
スタートで出られるが、徐々に差していく、
結構いけるぞ、と思っていたらゴール、
あと50mあれば1位だったと思うが惜しくも2位、
オープンは1ハイ上がりなので敗復まわりとなる。
タイムは1’15”で悪くない数字だが。
陣地にもどり、バーベキュー開始、
思い切り汗をかき、ビールを飲むと最高な気分になる。
これってゴルフのハーフで飲むときと同じ美味しさですねえ。
谷君、高田君、堀江君、宮坂君、谷村君がてきぱき動いてくれて、お陰さまでBBQはシニアはゆっくり味わうことができました。
福島君も赤ちゃん連れて現地着、なんとコピーのごとくそっくりだし、健やかだし微笑ましい限りでした。
のんびりしている中、オープンの敗復の時間、発艇、やはりスタート出られているようだが、ゴール前で結構さしてきて、1位ゴール、
ギリギリの艇身差だったが決勝いけたぞ、レベルが高いオープンで大殊勲。
乗っている本人らも挿せたかわからないぐらいぎりぎりだった。
間もなく、シニア決勝。
スタートも出遅れないが、3位ぐらいで出発。
隣がだんだん落ちていき、最初からでているIHIを挿すだけ、だが。
半艇身差程度でゴール、2位にはなった。昨年同様なのでGOOD。
予選よりも各自ミスもなく精一杯やった感あり、これで挿せないのはやむなしか。ちょっと惜しいかもしれないが。
でも昨年よりもタイムは早くなっており、まずは目標達成。
さあ、オープン決勝、拝覆廻りで苦労したが、大丈夫。
オープン決勝。入賞できるかなと思いながらゴール付近で応援。
ちょっと出られているようだが、うまくあわしている、
敗覆と同様、スパートで挿していく。これはいけそうだ。
ゴールは判定できず横一線、2位には入ったようだ。
「ダブル2位」
クルーの感想として、これはいけそうだという感があったという。
この感覚は勝つためには必要と私も感じます。
表彰式、やはり晴れ晴れとして気持ちよく、
やればできるという達成感あり。
皆で記念撮影して、来年はどちらかが1位になろうという目標もできた。
賞状にもある、タイム1分13秒と1分19秒はナックル300mのタイムとして良好。
今年も暑いなかの開催でかなり汗がでましたが、
参加者みんなで勝つ楽しみを味わうことができ、満足のいく一日でした。

今年は、若手の漕力があがりオープンのいい成績につながりました。
吉村さん、堀さん、谷、福島は事務局ですが、
高田君、堀江君、宮坂君、谷村君の初参加は躍進に貢献。
シニアは村松さんが昨年同様快諾していただき、
大阪ガスの佐々木さんの応援を得て楽しく漕ぐことができました。
もっと参加者が増えれば、もう1クルー増やして競う形で優勝ねらう手も出てきます。
ポテンシャルは皆もっていることと私は認識して、
来年もより多数の参加者を募ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »